Windows Vistaを超高速化する

Microsoft社のOSで有名な「Windows xp」から現在の「Windows10」まで、あらゆる種類のWindowsが公開されてきました。
その中で、最も遅いと思われるOS、それは「Windows Vista」です。

2006年リリース、2007年全国発売のVistaですが、このOSは異常と思われるほど動作が遅いです。
(作者は最近Windows VistaのOSを入れなおしてみましたが、動作は遅いままでした…)
そのため、Microsoftは2009年にVistaの機能を洗練してより高速になった「Windows7」を公開しました。

ですが、家にWindows Vistaのパソコンがあり動作に困っていたり、使われていなかったりする場合は、ぜひこの方法をお試しください。
時間がかかるファイル削除等はなしで今までよりも超高速に起動&動作させることができます。

【超高速化する2つの方法】
・Windows Vistaを「セーフモード」で起動させる
・OS BOOTを利用してCDディスク等から無償の軽量OSを動作させる

では、実際にやってみましょう。

【Windows Vistaをセーフモードで起動する】

1.Windows Vistaを起動してマザーボード読込画面が出たら(パソコンのロゴが表示されたら)「F8」キーを長押しする。

2.選択画面になったら矢印キーを使って「セーフモードを起動」にポイントをあわせ、「Enter」キーを押す。

3.成功したら今までと同じように起動されます。
(パソコンによっては解像度が制限される場合がありますが、気にならない程度です。)


↑実際にWindows Vistaのノートパソコンをセーフモードで起動している様子です。
デスクトップの壁紙は黒になっていて、画面の隅に「セーフモード」と表示されます。

※注意:セーフモードで起動すると、一部のソフト・機能が起動できない、または正しく動作しない場合があります。

【軽量OSをOS BOOTする】

1.まず初めに軽量OSのISOファイルをダウンロード(無料)しておく必要があります。
軽量OSと言っても種類はたくさんあるので、ここではオススメなOSを紹介しておきます。

・Linux Bean …Windowsのソフト(exe形式のファイル)も動作可能!
  https://osdn.jp/projects/linuxbean/
・Ubuntu …たくさんの実用ソフトが初めからインストール済み!Office系も!
  https://www.ubuntulinux.jp/
・Android …スマホだけじゃない、いつものゲーム・アプリがパソコンで使える!もちろん横画面対応。
  http://www.android-x86.org/download

(適当な場所にiso形式のファイルをダウンロードして置いてください。もちろんここで紹介したOS以外でも大丈夫です。)

2.CDディスク等にダウンロードしたisoファイルを書き込む。
ソフトを使うか、Windows標準の「Windows ディスクイメージ書き込みツール」を使用してISOファイルを書き込んでください。
おすすめ無料ディスク書き込みソフト

3.パソコンを再起動して、マザーボード読込画面が出たら(パソコンのロゴが表示されたら)画面右下等に表示されている情報
 に従って指定されているファクションキーを長押しする。
 (ファクションキーが指定されていない場合はマザーボードの設定画面へいってCD等のディスクからOSを起動できるよう、優先度を最高にしておいてください。)
 ※この手順はパソコンによって異なるので詳しいことは紹介できません…

4.画面が切り替わりOS BOOTの画面に行ったら一番上または「User Mode」(2番目)が選択されていることを確認して「Enter」キーを押します。
 (必ず一番上か2番目を選択してください。そのほかのものを選択するとWindowsのOSに上書きされて復元できなくなる可能性があります。)

5.これで軽量OSが起動できます。
(シャットダウンしてディスクを取り外せば、いつものWindows Vistaが起動されます。)