開発環境について

各ソフトの開発プログラミング言語・開発環境を紹介しています。
 
【 日本語プログラミング言語 なでしこで開発されているソフト 】
日本語プログラミング言語「なでしこ」というソフトを使用して開発しています。
詳しくはこちら→http://nadesi.com/top/
ダウンロード・使用、共に無料の開発ソフトです。
 
特徴
その名の通り、日本語でプログラミングができてしまうソフトです。
開発は英語でプログラミングするC++やC#に比べて圧倒的に簡単ですが、動作速度やコンパイル後のファイルサイズは劣ります。
日本語なので理解度が強く、プログラムをすぐに覚えられます。
2年ほど「なでしこ」を使用していましたが、今では作ろうと思ったものを何でも作れてしまうほどです!
 
 
【 C#で公開しているソフト 】
Visual StudioC#言語を利用して開発しています。
詳しくはこちら→https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/default.aspx
ダウンロード・使用は無料のものから有料のものまで様々なものがあります。
(私は「Visual Studio Community 2015」という無償で公開されているものを使用しています。)
 
特徴
英語でプログラミングをするため、プログラム文字数が多く1つのソフトを作るのに多くの時間がかかります。
ですが、なでしこに比べて初めからのGUI(コントロール)が多く、部品1つ1つの細かい設定もできるので、様々なソフトを作ることができます。
 
C#言語について
C#とは、Microsoftが開発して2000年に登場したプログラミング言語です。
(詳しくはこちら→https://ja.wikipedia.org/wiki/C_Sharp
 
オブジェクト指向に強く、C++やjavaに比べて開発言語数が少ないという点でも有力です。
しかし、「.NET Framework」という同じくMicrosoftのソフトフレームワークをあらかじめコンピューターにインストールしておく必要があるため、まだインストールされていないPCでは動作しないというのが欠点です。

【 開発研究についてお知らせ 】
「なでしこ」や「C#」で使用するプログラムやサンプルコード等は「ソフト開発研究」ページで公開しています。
詳しくはこちら
どうぞご覧ください。